2 名前: 名無しさん Mail: 投稿日: 2010/07/31(土) 16:12:54

 それはNTT伝言ダイヤルをやりはじめて、2週間がたったころ。最初の3日はまったくあたりがなく、「本当につれるのだろうか」と疑心暗鬼になっていた。
それでも、しこしことメッセージを入れていた。すると、ついにきたのです。
日曜午後11:00 着信。相手はすぐにでも会いたそうな感じ。
30分を話して、午前1時上野の丸井前待ち合わせ。
私はそのころは上野に行ったことがないくらいだったが、タクシーで首都高を飛ばして10分前に着く。
それらしき人が2人。
その二人が一緒にしゃべっているので、友人同士だと思ってリストからはずした。
途中酔っ払いのサラリーマンに声をかけられても、追い払っていたのだが、そのうち1人が駅のほうへ行ったので、根性だして声をかける。

その女の子だった。
なんと至近距離で30分も立っていたことになる。
彼女が「一番近いのは鴬谷よね」と言いながら、タクシーを止める。
そのままタクシーに乗って鶯谷へ。
降りるとき、運ちゃんに「がんばってねー」と言われた。
余計なお世話だ(笑)彼女は恋人と別れて2か月、ずっとセックスしていなかったらしい。

身長155  85×62×88(推定) Dカップ。21歳。
眼鏡使用(後から聞くとダテメガネ)
中肉中背、髪は黒でセミロング。職業はフリーターだという。

ルックスは中の中。
悪くはない。
特にメガネを取ると印象がガラリと変わる。
歳相応というところ。

テレビを見ていたが、ロクな番組がないので切る。
彼女は眼鏡を取り、服を脱ぎはじめる。
けっこうでかい胸。
下着代わりのTシャツをグッと持ち上げている。
その隆起はまるで漫画に出てくるそのままの姿だった。
乳房の下のほうがしわになっていて、その陰影もまたちんちんにくる。

そのままベットイン。
キスとフェラチオは拒まれた。
もしかしたら、私を玩具代わりに使う魂胆なのかもしれない。
でも、いいかと思い、豊満なバストをちゅうちゅうと吸いながら、揉んでいると、少し声が乱れてきた。
「はあ、はぁ」といういやらしい吐息が聞こえる。
あまり、大きな声を出さないところは物足りなかったが、乳首をころころしたあとに、舌をすっとおまんこの方へもっていくと、そこはもうびっしょり。

ゆきこのおまんこはまあまあ、使っているな(笑)という程度の色素沈着で、なめるにはもんだいなし。
べちゃべちゃクリをなめまわし、胸をもみまくる。
オマンコに指を入れ、Gスポットのあたりをグリグリこねくりまわすと、「あぁ、いきそう、いきそう」と言いながら、弓なりになって果てた。
そのまま寝てしまう。

あまり話も合わず、たぶんこれ1回だろうと思ったのだが、彼女は僕の電話番号を控えている可能性があったので、カバンを探る。
手帳には案の定、僕の名前と電話番号があったので、そのページをやぶりとった。
もちろんネコババなんてしない。
彼女の名前はやはり偽名で、僕の他にもう一人男の名前があった。

5時ごろ、こっそりと一人で部屋を出る。「仕事が早いので先に帰る」と書き置きをしておいた。


アダルトブログランキングへ




出会い系での体験談
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/11448/1280560352/