28 名前: 名無しさん Mail: 投稿日: 2009/10/23(金) 22:44:32
小学6年時、夏休みに伯父さん家に遊びに行ったら、
中2の従姉が胸元の開いたゆるいシャツを着ていたので、隙をみては覗いていた
ノーブラだったので、屈んだ時は乳首まで全部見えた
それまでは、それ程気にしていなかったのに、急に憧れの姉ちゃんになってしまった
中学生の身体は大人だな~と、かなり興奮した
オナニーを覚えてからは、その記憶が1番のオカズになった

自分が中学生になると従姉の姉ちゃんは高校生になって、更に身体がエロくなってた
夏休みに遊びに行くと、姉ちゃんは家では相変わらず薄着で、油断した格好をしていた
やはり隙をみては胸元を覗いたり、洗濯物のブラを物色した(70Eだった)
遊びに行くのは絶好のオカズ作りとなった

リビングのソファーで姉ちゃんと一緒にテレビを観ていた時、テレビよりも姉ちゃんの胸元ばかり見ていた
すると姉ちゃんに視線が気付かれ、「何処見てるの?!」と言われてしまったので、
かなり焦ったが、もう完全に開き直って「姉ちゃんおっぱい触らせて」と言ってみたら、
「いいよ、別に」と予想外の返事が戻ってきた
姉ちゃんは何食わぬ顔して、シャツを着たまま中のブラだけ、もそもそと外した

「どうしたらいい?!」と言うので、ソファーに自分の前に(自分の股の間)座ってもらい、
姉ちゃんを後ろから抱く状態で、脇から手を入れておっぱいを掴むことにした
「私このままテレビ観てるから、しばらく触ってていいよ」と、言ってくれた

自分は姉ちゃんの脇に後から手を入れて、両手でおっぱいを揉みまくった
丁度姉ちゃんの右肩に自分の顔がある位置なので、おっぱいを揉んでる自分の手が、
シャツの襟から覗いて見えて視覚も同時に楽しんだ

姉ちゃんはテレビをずっと観ていて、揉まれているのを気にもしていないようだった
しかし途中で「先の方も触ってよ」と言うので、時々乳首を触るとビクっと身体が動いていた

番組を観終わるまで揉み続けていたので、30分くらいはその状態だった
一旦落ち着いた後、気まずいかと思っていたが、姉ちゃんはあっけらかんと普段どおりで、
自分だけのこの恥ずかしさは、どうすればいいのか分からなかった

その後も、頼むとおっぱいだけは揉ませてくれた
他の事は何もさせてくれなかったし、自分にも何もしてくれなかったが、
おっぱいを堪能させてくれた、良い思い出、、じゃなくてオカズになった


アダルトブログランキングへ




近親相姦
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/11448/1255785626/